婚約の仕方

婚約とは、当事者間で結婚の約束をする事であります。婚約は結婚とは違い、書類提出などの法的な手続きはなく、口約束のみで成立します。婚約成立後は、日本の場合、婚約の証として男性から女性に婚約指輪を贈ったり、古くから執り行われている結納、友人などを招いた婚約パーティーや婚約式などを行うカップルもいます。ここでは、その婚約の仕方について、ご説明します。

日本の伝統である結納は正式に婚約を調える儀式であり、しきたりに沿って結納品などを取り交わします。地域などによって結納のやり方は多少異なる事もあります。また、近年では簡略化したり、式場やホテルの結納パックなどのサービスを受けるカップルも多くいます。カップルが婚約した事を祝う婚約パーティーや婚約式は、婚約した事を皆に発表する場であり、結婚式に比べカジュアルなスタイルになります。

日本で婚約パーティーなどを行うカップルは然程多くありませんが、海外では一般的に行われている地域もあります。男性から女性に贈られる婚約指輪は、これから結婚すると言う決意表明の証であり、婚約指輪を贈る事で結婚への実感もより得られます。昨今では婚約指輪を用意しないカップルもいますが、婚約指輪に憧れを抱く女性は多くいます。一般的には、プロポーズの際に渡す男性が多いです。また、結納時や婚約パーティーの際に親族や友人などに披露したりもします。また、その他にも知人、友人などに挨拶状として通知するカップルもいます。

婚約は法的に定められた方法はなく、自由なスタイルをとる事ができます。口約束だけでなく、より確かなものにする為に様々な方法がありますが、形式などにとらわれず、2人らしいスタイルで婚約する事をお勧めします。