婚約指輪の歴史や意味について

近年では婚約指輪を準備しないカップルも多くいますが、一生に一度の思い出の品としてやはり、婚約の際には欠かせない指輪です。ここでは、婚約指輪の歴史や意味について、ご説明します。

婚約指輪は古代ローマ時代、その誓いの儀式の際に鉄の指輪を贈ったのが、婚約指輪の始まりと言われています。薬指にはめる理由では、薬指には心臓に繋がる太い血管があり、愛のパワーが流れていると言われていました。その為、永遠の愛を誓う婚約の際に、婚約指輪を左手の薬指にはめる風習が生まれたのです。

更に中世になると、サファイヤやルビーなどの宝石をあしらった婚約指輪が贈られるようになりました。ダイヤモンドが初めて使用されたのは1477年であり、ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使がブルゴーニュの公女マリーに結婚を申し込んだ時だと言われています。

日本では明治時代に伝わり、ダイヤを使用した婚約指輪が定番化されたのは、高度経済成長期頃です。ダイヤモンドは地球上で最も硬い石と言われており、その強度と無色透明の輝きから、永遠の愛と固い絆、純粋な愛の象徴として現在でも不動の人気を誇っています。

婚約指輪は2人の永遠の愛の証であり、象徴でもあります。女性にとっては一生に一度だけ最も愛する人からもらえる、特別な指輪なのです。