未分類

婚約指輪の相場

一昔前は給料の3か月分と言われていましたが、最近ではあまりこだわる人はいません。デザインや質、装飾される宝石の種類や大きさによって値段は大きく異なります。また、年代によっても異なります。ここでは、婚約指輪の相場について、ご説明します。

婚約したカップルの約8割が、婚約指輪を購入しているというデータがあります。その中のほとんどの女性が値段にはこだわっていないと回答しており、婚約指輪をもらう事自体に満足しているというデータ結果もあります。

平均購入額は約35万円程でありますが、実際に1番多い価格帯は、約20万円から30万円程となっています。因みに結婚指輪の1番多い価格帯は10万円から20万円となっており、婚約指輪の方が相場は少し高めとなっていますが、中には婚約指輪の価格も結婚指輪と同額と言う人もいます。ちなみに、婚約指輪情報サイトの『ガラ おかちまち』では、10万円のものから100万円のものまでの指輪を掲載しています。ダイヤのカラットの大きさも変わってくるので、こちらも購入前には一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

婚約指輪は一生に一度の買い物であり、結婚は人生最大のイベントでもあります。しかし基本的には、婚約指輪の値段にこだわる女性は多くありません。現実的な思考を持つ傾向にある女性は、結婚後の生活を重視する人が多い為、こだわる女性は少ないのです。1番重視されるのは、やはり誠意です。安くても気持ちが大切であり、値段は然程重要ではありません。

未分類

婚約指輪を渡すタイミング

婚約指輪はいつ渡すのがベストであるのか、結婚を意識し始めた男性が悩むところであります。ほとんどの女性は、プロポーズの際に一緒に渡されるというイメージがあり、憧れでもあります。ここでは、婚約指輪を渡すタイミングについて、ご説明します。

サプライズで渡されるのを期待している女性も多くおり、思いがけないタイミングに驚くと共に、嬉しさもひとしおであります。また、シチュエーションも重要です。女性はロマンチックな演出を喜びます。彼女の誕生日に婚約指輪を渡したり、また、記念日でもなんでもない日に突然渡すなど、予想できない展開に嬉しさも倍増します。

しかし、全ての女性が、サプライズを喜ぶとも限りません。中には、デザインが気に入らない、一生に一度のものだから自分で選びたかった、という女性も多くいます。そういった意思を事前に確認しているカップルは結婚が決まってから一緒に選びに行き、出来上がった時に改めてプロポーズをして渡すというカップルもいます

サプライズを喜ぶ女性が多くいる事も現実ですが、デザインにこだわりがある女性の場合は、一緒に選びに行った方がより女性に喜ばれるのかもしれません。あくまでも女性が身に付けるものなので、彼女に最高に喜んでもらう為に事前に確認しておく事をお勧めします。

未分類

婚約指輪の歴史や意味について

近年では婚約指輪を準備しないカップルも多くいますが、一生に一度の思い出の品としてやはり、婚約の際には欠かせない指輪です。ここでは、婚約指輪の歴史や意味について、ご説明します。

婚約指輪は古代ローマ時代、その誓いの儀式の際に鉄の指輪を贈ったのが、婚約指輪の始まりと言われています。薬指にはめる理由では、薬指には心臓に繋がる太い血管があり、愛のパワーが流れていると言われていました。その為、永遠の愛を誓う婚約の際に、婚約指輪を左手の薬指にはめる風習が生まれたのです。

更に中世になると、サファイヤやルビーなどの宝石をあしらった婚約指輪が贈られるようになりました。ダイヤモンドが初めて使用されたのは1477年であり、ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使がブルゴーニュの公女マリーに結婚を申し込んだ時だと言われています。

日本では明治時代に伝わり、ダイヤを使用した婚約指輪が定番化されたのは、高度経済成長期頃です。ダイヤモンドは地球上で最も硬い石と言われており、その強度と無色透明の輝きから、永遠の愛と固い絆、純粋な愛の象徴として現在でも不動の人気を誇っています。

婚約指輪は2人の永遠の愛の証であり、象徴でもあります。女性にとっては一生に一度だけ最も愛する人からもらえる、特別な指輪なのです。

未分類

婚約の仕方

婚約とは、当事者間で結婚の約束をする事であります。婚約は結婚とは違い、書類提出などの法的な手続きはなく、口約束のみで成立します。婚約成立後は、日本の場合、婚約の証として男性から女性に婚約指輪を贈ったり、古くから執り行われている結納、友人などを招いた婚約パーティーや婚約式などを行うカップルもいます。ここでは、その婚約の仕方について、ご説明します。

日本の伝統である結納は正式に婚約を調える儀式であり、しきたりに沿って結納品などを取り交わします。地域などによって結納のやり方は多少異なる事もあります。また、近年では簡略化したり、式場やホテルの結納パックなどのサービスを受けるカップルも多くいます。カップルが婚約した事を祝う婚約パーティーや婚約式は、婚約した事を皆に発表する場であり、結婚式に比べカジュアルなスタイルになります。

日本で婚約パーティーなどを行うカップルは然程多くありませんが、海外では一般的に行われている地域もあります。男性から女性に贈られる婚約指輪は、これから結婚すると言う決意表明の証であり、婚約指輪を贈る事で結婚への実感もより得られます。昨今では婚約指輪を用意しないカップルもいますが、婚約指輪に憧れを抱く女性は多くいます。一般的には、プロポーズの際に渡す男性が多いです。また、結納時や婚約パーティーの際に親族や友人などに披露したりもします。また、その他にも知人、友人などに挨拶状として通知するカップルもいます。

婚約は法的に定められた方法はなく、自由なスタイルをとる事ができます。口約束だけでなく、より確かなものにする為に様々な方法がありますが、形式などにとらわれず、2人らしいスタイルで婚約する事をお勧めします。